◆人気ブログ おすすめ芸能ニュース◆

2010.04.26

沢尻エリカが離婚か、新恋人も名前に惚れた?

沢尻エリカ離婚騒動で世間は大騒ぎのようだ。まあ、それだけエリカ様に関心があると言うことなのだろう。あんな男にエリカ様を取られるとは・・・世間の男性は思った。その高城氏が最後の抵抗を見せているようで、今後の展開が面白くなってきた。

どうやら高城氏はあくまで仕事のパートナーだったらしい。契約書を交わしてセ○クスもろくにさせてもらっていなかったというのだ。男として、“目の前においしそうな獲物があるのに”何もできない。嘆かわしいネ!

とまあ、それは成り行きを見守ろう。ちょっと面白いネタがあったのでご紹介しよう。沢尻エリカという名前である。なんとも素敵なネーミングであることを証明したもの・・引用してみた。

(引用)
なんてバランスがいいネームなんだろう。 本来は「尻」なんて名前に入ってたら、いやらしい不潔なイメージでも湧きそうだが、 それを「沢」という文字が川や谷のクールな清流を喚起させて打ち消して、 さらに続く「エリカ」というカタカナでティーンな名前が「尻」の古典な響きを 新たにカヴァーして洗練された語感を生み出している。

沢尻エリカ ranking 高城、別に〜
沢尻エリカ reading S○Xさせない?
沢尻エリカ ranking ヒドイ話だ!
沢尻エリカ reading 外人好きだった
沢尻エリカ ranking 脱いで欲しいネ

そのイメージとしての絶妙な平行感も素晴らしいが、 「沢」「尻」/「エ」/「リ」「カ」で区切ると、 「エ」意外の文字には「ノ」という文字が隠れているのを理解できるだろうか。 この左に走る、方向に逆らわない奇跡的なレイアウトによって、 風が右方向から吹く爽快感が文字に宿る。全文字だとくどい感じがするのを 中立的な「エ」というこれ以上ない位置に置けるのが憎たらしい(笑)。


ほら、活字としてパッと飛び込んでくる。 日本の名前は名字と下の名が区切られがちだが、素晴らしい一体感がある。横文字で生きる日本語とはこういうのを言うのだろう。(引用:2ちゃんねる)

なんとも面白い。エリカ様はやはり完璧な女性だった。確かに一度寝て見たい女性であることは言うまでもない。そりゃフランス人の大富豪の息子も堕ちるネ。今は彼女の新しい恋人のようだ。

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。